| トップページ | リンク | サイトマップ |    
   
LNG実証実験
自動車生産ライン実証実験
固定泡放出口実験
大容量泡放水砲実証実験
リム火災消火実験
DMEに対する取り組み
再生資源燃料の消火実験
リチウム電池に対する取り組み
ETBEに対する取り組み
炎感知器の開発
産学官との研究実験
フカダの実験設備
リム火災消火実験

地中式浮屋根タンクの初期消火設備

地中タンク用ハロン代替消火剤の消火性能実験
地中式浮屋根タンクのリム部にはハロゲン化物消火設備が設置されています。

この設備の消火剤にはハロン2402が用いられていますが、ハロン2402は、大気放出時の環境(地球温暖化)への負荷が大きいことから、FK-5-1-12に置き換えが検討されています。

弊社は、浮屋根タンクリム火災用の消火設備として、いち早くFK-5-1-12を用いた消火設備開発に取り組んでいます。
ハロン2402のリム火災消火実験
※写真は昭和58年の実験
ハロン2402消火設備
FK-5-1-12のリム火災消火実験
※写真は平成14年の実験

その他の浮屋根タンクの消火設備

ドーム屋根のリム火災消火実験
浮き屋根タンクにドーム屋根を施工して固定屋根を設けたタンクが、危険物保安技術協会の性能評価を取得しました。弊社はこれに先駆けてドーム屋根タンクの消火実験を実施しています。
アルミ屋根ドームタンクのリム火災消火実験
| トップページ | 開発研究 | 事業案内 | 取扱製品 | 保守・点検 | 会社情報 | 採用情報 | リンク | サイトマップ | お問合せ |
Copyright (C) 2012 Fukada Kogyo Co.,Ltd. All Rights Reserved.