| トップページ | リンク | サイトマップ |    
   
LNG実証実験
自動車生産ライン実証実験
固定泡放出口実験
大容量泡放水砲実証実験
リム火災消火実験
DMEに対する取り組み
再生資源燃料の消火実験
リチウム電池に対する取り組み
ETBEに対する取り組み
炎感知器の開発
産学官との研究実験
フカダの実験設備
DMEに対する取り組み

DMEとは?

DMEとは、ジメチルエーテルのことで、エーテル類の有機化合物です。DMEは、燃焼時に黒煙やSOx等を発生せず、温室効果やオゾン層破壊の心配もないことから、新しいクリーンな燃料として注目されています。
DMEは常温常圧では気体ですが、沸点(-23.6 ℃)以下に冷却することにより液化させることができます。LPG(液化石油ガス)と物性が似ていることから、LPGの代替品としての使用が期待されています。また、発電や自動車等の燃料やスプレー缶の噴射剤、燃料電池等の水素キャリアーなど、様々な用途での使用も期待されています。

DMEはLPGと比較して燃焼時における煙の発生量が非常に少なく、クリーンな燃料として期待されています。
DMEの燃焼状況
LPGの燃焼状況

DMEに対する消火実験

DMEは極めて引火性の高い物質です。弊社では、いち早くDMEの消火実験に取り組んでいます。LNG(液化天然ガス)やLPGなどの液化ガスの火災抑制には高発泡設備が非常に効果的なことが知られています。これらの液化ガスと同様に、DMEの火災抑制に対しても高発泡設備が有効であることを確認しています。

高発泡によるDMEに対する消火実験の状況

| トップページ | 開発研究 | 事業案内 | 取扱製品 | 保守・点検 | 会社情報 | 採用情報 | リンク | サイトマップ | お問合せ |
Copyright (C) 2012 Fukada Kogyo Co.,Ltd. All Rights Reserved.