| トップページ | リンク | サイトマップ |    
   
LNG・LPG基地防災設備
石油タンク防災設備
塗装ブース防災設備
 ・特殊水噴霧消火設備
 ・泡消火設備
 ・監視設備
発電所防災設備
化学プラント防災設備
大空間防災設備
揚貯運炭防災設備
防災エンジニアリング
塗装ブース防災設備


特殊水噴霧消火設備

特殊水噴霧消火設備とは
特殊水噴霧消火設備とは、泡消火薬剤をスプレー状に噴霧し、防護対象に対して放射するもので、従来の水噴霧の利点と、フォームウォーターの利点の両方を兼ね備える消火設備です。
生産性に効率が求められる自動車生産ラインでは、速消性が高く早期に復旧が行える消火設備が求められます。弊社の特殊水噴霧消火設備は、従来の泡消火設備と比べ消火時間が4分の1※に短縮することができます。
※弊社社内模擬実験における比較

塗装ブース実証消火実験

プレスライン実証消火実験


移動タンクユニット
さらに小規模な危険箇所には、ノズル付き移動タンクタイプの特殊水噴霧設備もあります。
小規模流出火災や、小規模のゴミピット、RPF,RDF貯蔵コンテナの万一への備えとして、設置いただけます。

浸透性の比較
水噴霧と特殊水噴霧の違いは、浸透力の違いに表れます。
浸透性が高い泡消火薬剤の特徴を生かして、リチウム電池製造施設やリサイクル施設、ゴミ処理施設のピット消火設備としても有効です。

泡消火設備

フォームヘッド
フォームヘッド方式は空気吸入口より空気を吸入し、泡水溶液をデフレクターにぶつけることによって、泡を発生させ、消火を行います。泡ヘッドはフォグフォームヘッドとフォグフォームスプリンクラヘッドの2種類あります。

泡消火栓
消火栓方式は、人が泡ノズルを火源に向けて、泡を放出し消火を行います。


監視設備

炎検知警報設備
火災を早期に検知し防災設備の迅速な起動のために設置します。
| トップページ | 開発研究 | 事業案内 | 取扱製品 | 保守・点検 | 会社情報 | 採用情報 | リンク | サイトマップ | お問合せ |
Copyright (C) 2012 Fukada Kogyo Co.,Ltd. All Rights Reserved.